五泉市の広報に紹介されました

今月の10日に五泉市の広報に
「ひゃんでいいまちごせん」と
いうコーナーの第3号に僕への
インタービューが紹介されました。

地域おこし協力隊の青木です。次回は、2012年にん移住したフランス人のピエールランリ・ラヴィンさん(35歳)からお話を伺いました。

なぜ日本へ?

日本好きの姉の影響で日本食、文化、漫画やアニメに興味を持ち、東京にきました。東京ではIT関連会社で勤務。そこで五泉出身の妻と出会いました。

移住したきっかけは?

出産をきっかけに妻の実家へ引っ越すかたちで移住しました。義母の手料理が美味しく、移住前はお盆やお正月に妻の実家へ帰省することが楽しみでした。

移住後のお仕事は?

三条市にあるIT会社で勤務。その傍らでフランス語講師も努めました。妻と娘と新築の自宅に移り住んだ2014年頃から得意分野で企業したいと思うようになりました。

なぜ企業としようと?

地元の役に立ちたいとの思いで、2018年に企業しました。
HPを作りたい、作ったものの更新しきれていない企業などを低コスト・長期間で支援していきたいです。それが会社の方針変更などに対して迅速な対応を可能にし、五泉市の活性化やアピールになると思います。

仕事や私生活で困ったときは?

妻の実家近くの会社の社長さんには仕事の相談を、自宅のご近所さんには暮らしについてアドバイスをもらったりと、とっても心強いです。

五泉市での暮らしは?

パリより衛生的でキレイな日本。五泉は東京に比べ文通が不便と感じることもありますが、山も近く、田んぼや広い公園もあり、自然を耳近に感じることができます。それに水も空気も美味しく、子供にはとても良い環境です。また、新潟方面、三条方面どちらにもいきやすいので買い物にも不便することなく、生活しやすいところが気に入りました。

平均: 5

お客様について

ご連絡について

必要の場合はプラジェクトの概要、ご予算、公開日の予定などを入力してください。

安全に送受信するためにSSL証明書を使用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。お送りいただいた個人情報は第三者に提供されることはありません。